夏の必需品として使えるポロシャツの着こなし方のポイント

ポロシャツ

意外なポロシャツの誕生秘話

今や夏の定番ファッションであるポロシャツ。実は、ポロシャツの誕生には意外な秘話があることをご存知ですか?これを読むと、ポロシャツをもっと好きになりますよ。ポロシャツは1933年に、フランスのテニスプレイヤーであったルネ・ラコステによって開発されました。ラコステはシーズン中によく風邪をひいていて、その原因がテニスウェアにあると考えました。当時のテニスウェアは吸湿性が悪く、汗をかいてもほとんど吸収されない素材で出来ていました。
ラコステはタイトな編み地のニットウェアに衿をつけたシャツを開発し、これをポロ選手の着ていたウェアを参考にしたためポロシャツと名づけました。ポロシャツはその動きやすさと快適性、吸湿性からたちまち人気となり、テニスだけではなくさまざまな競技で着られるようになりました。
このとき、ポロ競技で主にウェアとして着られていたためポロシャツと言われるようになったという説もあります。さらには1960年代にはモッズファッションの最先端として注目され、大人気となりました。ちなみにラコステはファッションブランドの創始者でもあります。現在世界中でも多くのポロシャツが売られていますが、この原型こそがルネ・ラコステのポロシャツだったのです。

ピックアップ

TOP