夏の必需品として使えるポロシャツの着こなし方のポイント

ポロシャツ

夏の必需品

ポロシャツは一時、「お父さんの週末着」などといわれたことがあるそうです。私も少し前までポロシャツなんて、親父くさいななどと感じていましたが、現在はオシャレなポロシャツやブランドもののポロシャツが出ていて、暖かい季節になるこの時期、ついつい買ってしまいます。
ポロシャツの名前の由来は、馬に乗えいプレーするホッケーのような競技の名称が「ポロ」だったのと、テニスのシャツと合わさって「ポロシャツ」と呼ばれているらしいです。シャツの原型は、実はテニス用のシャツだったらしいですよ。しかし、テニス用シャツがなぜ「ポロシャツ」になったのか、どうつながったのか、私も謎です。
私が最初にポロシャツを着たのが、高校の夏服時で、無地のポロシャツを着ていました。しかし、無地だとダサいと感じたので、可愛く襟に刺繍をしたり、ワッペンを付けたりとして、アレンジして着ていました。ポロシャツは無地の物が多いので、現在は柄物のスカートを履いて合わせたり、白パンツに紺色のポロシャツその上からカーディガンを巻くなど、工夫して着ています。
基本、ポロシャツはどんな服にも合うので、夏の必需品ですね。とりあえず、服に困ったら中にブランド物のポロシャツを着て、スカートを履いてインするだけなのにお洒落に見えるのでとても助かっています!!

ピックアップ

TOP